チタンゴールドパン(チタン鍋)の黄色い色について
ホームチタンゴールドパン(チタン鍋)の黄色い色について



【 チタンゴールドパン(チタン鍋)の黄色い色について 】

私の友人が、こんなことを言いました。
「私もチタンゴールドパンを買いたいけど、あの黄色い色に抵抗があるのよ。
あの色が落ちて、食べ物に混ざるのではないかと心配なの。きっと、そう思っている人が
多いと思うよ。」と…。



そこで、今回は、チタンゴールドパンの黄色い色に付いて、お伝えします。
色が付いている理由は、一つには、チタンは熱せられた時に鍋底が油膜の虹の様な色に
なり、それが美しくはないので、色が付いていた方が綺麗だということもある様です。

しかし、大きな理由は、もっと別にあります。
それは、チタン鍋が、最初は焦げ付きやすいことから、それを防ぐために「霜柱状態の
皮膜で覆う方法」を、メーカーが考えたのです。

霜柱と言っても、この頃の舗装された都会の街しか知らない方は、ご存知ないかも知れま
せんが、寒い冬の日の朝、土の上に出来る霜の柱です。夜中に、土中の水蒸気が凍って、
縦に薄い氷になっているものです。踏んで歩くと、さくさくと音がします。

つまり、チタン鍋の表面を霜柱状態の皮膜で覆うことにより、そこへ油分を浸透させて、
焦げ付きにくくすると言う発想です。
他には真似の出来ない技術で、この為、焦げ付きにくいチタン鍋が登場したのです。

チタン鍋は、最初は野菜の炒め物や煮物等、水気の多いものから始めて頂くと、やがて使
い込んで行く内に、自然に焦げ付き難くなり、使い易くなってきます。
その時点で、霜柱は必要なくなっていますのでゴールド色が剥げても問題はありません。
チタン鍋は、スチールたわしで、こすっていただくと綺麗になります。
黄色い色は薄れても、気にせず、どんどん洗って下さい。

チタンの表面は極めて薄い自然生成の酸化膜(チタンと酸素の化合物(TiO2)に覆われて
います。(株)ホリエでは、その皮膜の厚さを人工的に調整する技術を開発しました。
皮膜の色は塗装ではなく、酸化皮膜の厚さを調整したもので、色は付いておらず、
光の屈折で色が見えているだけなのです。
そして、メーカーは、ゴールドにこだわっていて、霜柱の皮膜をゴールド色にしました。
それが、チタンゴールドパンの名前の由来なのです。ですから、決して、色が溶け出したり
するものではありません。どうぞ、安心してお使い下さい。

又、チタン本来の酸化皮膜の殺菌力は、光に当てると効果を発揮します。
時には日光に当てるのも良い様ですが、蛍光灯の光でも充分に効果がある様です。

軽くて、使い易いチタンゴールドパンを、どうぞ、ご愛用下さいませ。



なお、チタンタンブラーの方は大変繊細な皮膜ですので、汚れは軽くスポンジなどで洗い、
固いものでは擦らない様に、ご注意下さい。




 ↑ 
  「チタン鍋について」使い方、料理法などを一覧表に纏めました。ご参照下さい。





◎ 割引販売中ですので、ぜひご覧下さいませ。



使いやすく、身体に優しいチタン鍋=「チタンゴールドパン」を、引き続き「割引販売中」です。



「チタンゴールドパン」の持ち手のないものです。
お料理に、アウトドアに、洗面器に、あらゆることに使える「チタンゴールドボール」を
引き続き「割引販売中」です。



↑ 
店長日記ブログ「ミラクルチタン」にチタン鍋料理を600〜700件
載せておりますので、ご参照下さいませ。




「チタンオンラインショップ」
(開店満7年、商品数1400点をご用意しております。)