チタンゴールドパンは、チタンのフライパンです。 省エネ(弱火調理)でご家庭でプロ並みの美味しい料理を調理できます。深めなので鍋として使えて、炊飯にも最適なチタン鍋です。
ホーム<チタン鍋で作る美味しい料理 > 005. 茹でかぼちゃ 岩塩添え

<005. 茹でかぼちゃ 岩塩添え>


私は、かぼちゃが大好きです。
全く味付けしていない、かぼちゃを茹でただけのものに、岩塩を付けて食べる
のが、私の楽しみです。




かぼちゃを茹でるだけで料理だというのは、私としても少々気が引けますが、
かぼちゃに限らず食材をチタン鍋で茹でることで、とても美味しくなりますので、
ご参考迄にUPしました。

包丁で切れない程、固いかぼちゃが美味しいので、切るのが大変です。
その時、三角に切るのが切りやすいので、いつも三角になってしまいます。





チタン鍋は調理をする時間が短いので、大変省エネです。





茹で上がるとお湯を切って、そのまま小さい火の上で鍋を揺らして水氣を飛ばし
ます。ホクッとして、栗を食べている様な美味しさです。岩塩ととても合います。





岩塩です。





その日の夕食です。
これは主食となりますので、これがあるときは、ご飯は無しです。
あとは、鰤の照り焼き、トマトと水菜のサラダ、もずくの酢の物です。



 

1回かぼちゃを茹でると4日ほど食べられます。そのままチタン鍋に保存します。

都合で日が経ってしまったら、水を入れて煮潰してマギーのキューブで味付けし
牛乳を加えると、かぼちゃのポタージュになります。これが感動の美味しさです。








《 私の独り言 = 私と電子レンジ 》

私が、かぼちゃをチタン鍋で茹でるというと、「え〜?電子レンジで茹でると簡単なのに。」
と皆さん言われます。
でも、私は、かぼちゃや青菜などの茹でものは断然チタン鍋です。
…と言うと、あの人は年配だから電子レンジを使えないのでは?と思っている方がいられる
かもと感じてしまいます。^^ でも、ノンノンノンです。

実は、私は松下電器から日本で最初に一般家庭向けに発売された電子レンジの第1号機を買った
者です。(自慢^^)
大きくて重くて、消費電力がすごくて使うたびにブレーカーが落ちるので、電気屋さんに
天井裏に登って専用のブレーカーを追加工事で付けて貰らわないと使えませんでした。
昭和30年代です。誰も電子レンジを知らない頃です。私が何故知っていたかと言いますと、
高校生の頃、友人のお姉さんが三宮でお店をしていてそこで見ました。
そのアメリカ製の大型の電子レンジを始めて見た私は驚愕しました。それで国産が出た時に
真っ先に買ったのです。
その後、毎年年末には電子レンジで大量にごまめを作って、近所中に配り喜ばれました。

その後いろいろと使っていましたが、世の中に電子レンジが出回りだした頃には大分熱が冷めて
いて、結局、私の中では電子レンジ料理は「煎りものが一番」という結論となっていました。
なお、電子レンジで作る「ごまめ」は、格別に美味しく他の追随を許さないと思っています。

その後、阪神大震災の時、台所の端から真ん中まで真逆さまに飛んで、まさか使えるとは思って
いなかったのに、スイッチが入った時には驚きました。とても頑丈なものだったのです。 
40年程使ったので愛着があり捨てきれず、転居する時新居に持って来ようとしていると、
妹が呆れて「いくらなんでもこれは捨て時よ」と止めるので、それもそうかと置いて来ましたが、
正解でした。スペースとブレーカーの関係で、とても無理でした。

買い直した新機種は小さくて高性能になっていましたので、便利だなとは思いますが、その後、
私はチタン鍋と出会い使い易さと味に惹かれて、今はチタン鍋専一となりました。








 ↑ 
  「チタン鍋について」使い方、料理法などを一覧表に纏めました。ご参照下さい。





◎ 割引販売中ですので、ぜひご覧下さいませ。



使いやすく、身体に優しいチタン鍋=「チタンゴールドパン」を、引き続き「割引販売中」です。



「チタンゴールドパン」の持ち手のないものです。
お料理に、アウトドアに、洗面器に、あらゆることに使える「チタンゴールドボール」を
引き続き「割引販売中」です。



↑ 
店長日記ブログ「ミラクルチタン」にチタン鍋料理を600〜700件
載せておりますので、ご参照下さいませ。




「チタンオンラインショップ」
(開店満7年、商品数1400点をご用意しております。)