兵庫県西宮市、
「三層チタン鍋ティアラ」は、チタンのフライパンです。 省エネ(弱火調理)でご家庭でプロ並みの美味しい料理を調理できます。深めなので鍋として使えて、炊飯にも最適なチタン鍋です。







リンク集



お客様の声









ホーム<チタン鍋で作る美味しい料理 > 006. かぼちゃの鶏そぼろあんかけ

<006. かぼちゃの鶏そぼろあんかけ>


私はかぼちゃが大好きです。
チタン鍋で茹でただけのかぼちゃに、岩塩を付けて食べるのが私の好物ですが、
それは主食なので、その場合はご飯は無しです。


おかずとしてのかぼちゃでは、私が一番好きな料理は、鶏そぼろあんかけです。
作ったその日は、熱々の物を頂き、翌日は冷たい物を食べます。
私はかぼちゃではなくても、揚げ茄子でも、ポタージュ類でも、この初日には
熱く、翌日は冷製でというパターンが大好きです。
熱いものが美味しければ、それを冷たくした物も必ず美味しいし、又味が全然
別物になっているからです。
どっちが良いかと言われても選べない程、どちらも好きです。




出汁に薄味を付けたものを用意し、鶏ミンチを加え、固まらない様に混ぜます。.
そこへ茹でたかぼちゃを入れて味を整え、片栗粉でうすくとろみを付けます.

上は、最初の日のあつあつの鶏そぼろあんかけです。癒される味です。
手前の黒いものは、おにぎりを海苔でくるんだものです。




チタン鍋に入れたまま冷蔵庫で保存して、翌日は冷たい鶏そぼろあんかけです。
この味、この味! 美味しいこと!
かぼちゃの甘みが少し増している様です。

…といっても、私は料理には酢の物以外は、砂糖を使いませんので、正真正銘の
素材の味です。






《 私の独り言 = 素材の味のこと 》

私の料理を食べた友人達から、甘く感じるけど本当に砂糖を使ってないのとよく
聞かれますが、砂糖はもちろん味醂も使いません。
酢の物では砂糖を使いますが、でも二杯酢の時もあるし、ドレッシング類には全く
砂糖は使いません。
でも、確かに私も自分の料理にほのかな甘みを感じることがよくあります。
素材の味にほんの少しの塩気を足すことで、素材の甘さが引き立つのでしょうか?

(このことについては、私は衝撃的な(?)体験から、「一家言」を持っています。
いつかこれを書きたいと思っております。)








<チタン鍋の使い方について>



チタン鍋の使い方、料理法などを纏めました。
ご参照下さいませ。





<3層チタンなべ「ティアラ」>

今迄のチタンゴールドパンに代わり

3層チタン鍋 ティアラ が新発売となりました。




チタンの間にアルミを挟んだものです。
アルミは熱伝導が良く軽いので、それを間に挟むことにより両方の長所を生かしております。
アルミを挟むことによって、熱の当りが均等になりました。




<◎ 朗報です。再販となりました!>



廃番になっておりました「チタンゴールドボール」が、皆様の強いご要望により、再販となりました。
お料理に、アウトドアに、洗面器に、あらゆることに使える「チタンゴールドボール」をどうぞ!

◯この商品は、当店の専売品で、他ではお求めになれません。




↑ 
店長日記ブログ「ミラクルチタン」にチタン鍋料理を600〜700件
載せておりますので、ご参照下さいませ。




「チタンオンラインショップ」
(開店満11年、商品数1400点をご用意しております。)