金属のダイヤモンド→チタン、軽くて丈夫なチタンカップ、アクセサリのチタンピアス、チタン鍋等のチタン健康グッズのオンラインショップです。
ホームチタン鍋の洗い方に付いて
チタン鍋:チタンゴールドパンの洗い方に付いて

チタン鍋の洗い方に付いて、迷っておられる方が多いと聞きました。
そこで、今回は、チタン鍋の洗い方について、お知らせ致します。
◎チタン鍋は、大変丈夫な鍋ですので、もし汚れた場合は、スチールたわしでゴシゴシ洗うことが 出来ます。
油料理で汚れた場合の、私(店長)のやり方を、下に、まとめてみます。


(1)

油料理が済んで、油で汚れたチタン鍋です。


(2)

私は、台所の流しに、ペットボトルに粉石鹸を入れたものを用意しております。
(粉石鹸ではなくても、重曹でも大丈夫です。レモンの切れ端を使う方も居ます。)


(3)

汚れたチタン鍋に、その粉石鹸を、少量、振り入れます。


(4)

そして、「スチールタワシ」で、クルクル、ゴシゴシ。
(ナイロンたわしでも、亀の子たわしでも、OKです。)


(5)

チタン鍋が、こ〜んなに綺麗になりました。




もう一つは、スチールたわしだけで、油汚れを落としたチタン鍋を、食器等と一緒に洗剤で洗う
ことも出来ます。

油汚れではない場合は、スチールたわしも不要で、最初から、食器類と一緒に洗うことができます。



※ なお、購入時のチタン鍋の使い方の説明書に、スチールタワシは使わない様にとありますが、
あの黄色い酸化皮膜を残しておく為には、その方が良い訳ですが、チタン鍋の酸化皮膜は取れ
ても再生しますので、油汚れを取りたい場合は、どんどんナイロンたわしや、スチールたわしで、
擦って頂いて結構です。

メーカーも、スチールタワシの使用は可能であると言っていますので、今後、その様に説明書に
書いて貰う様に、依頼しております。

ただ、あの黄色い酸化皮膜が綺麗だから残しておきたいと言って、布巾で洗っている人も何人も
知っていますし、それで充分綺麗に保てるそうが、そんな上手な使い方はなかなか出来ないので、
私などは、スチールタワシでゴシゴシ派です。

※なお、うっかり忘れていて、料理ごと焦げ付かせてしまった場合、しばらくハイターに漬けて
置くと、ポコッと取れて綺麗になるそうです。



※ご注意
なお、一方、チタンのカップなどの酸化皮膜は別です。
これは、繊細な皮膜ですので、せっかくの美しい色と艶をいつまでも残して頂く為に、汚れは軽く
スポンジなどで洗い、固いものでは擦らない様に、充分ご注意下さい。
そうすると、長く美しくご使用頂けます。

又、チタン鍋も、チタンコップ類も、ハイターの使用が可能です。
チタンコップや、チタンスプーンの茶渋等は、薄めのハイターに浸けておくだけで、驚く程綺麗に
なります。







 ↑ 
  「チタン鍋について」使い方、料理法などを一覧表に纏めました。ご参照下さい。





◎ 割引販売中ですので、ぜひご覧下さいませ。



使いやすく、身体に優しいチタン鍋=「チタンゴールドパン」を、引き続き「割引販売中」です。



「チタンゴールドパン」の持ち手のないものです。
お料理に、アウトドアに、洗面器に、あらゆることに使える「チタンゴールドボール」を
引き続き「割引販売中」です。



↑ 
店長日記ブログ「ミラクルチタン」にチタン鍋料理を600〜700件
載せておりますので、ご参照下さいませ。




「チタンオンラインショップ」
(開店満7年、商品数1400点をご用意しております。)