身体に良くて、美味しいチタン鍋、チタンゴールドパンのご飯の炊き方
ホームチタン鍋のご飯の炊き方

チタン鍋のご飯の炊き方

チタン鍋でのご飯の炊き方、私(店長)のやり方を、下に、まとめてみます。

(1)

チタン鍋ご飯の水加減は、普通と同様2割増にし、カゴに上げずに、チタン鍋の中に浸
けておきます。(益々、美味しくなります。)
チタン鍋の場合、水加減はアバウトでOKです。水が少しぐらい、少なくても、多くても、
何故かうまく食べ加減に出来上がる不思議な鍋だと評判です。

浸水の時間は、20分ぐらいでも、充分ですが,もっと長く漬けて置いても大丈夫です。
私は、長めに漬けて置きます。外出前に洗って、水に漬けて置いて出かけます。
そうすると、帰宅後、すぐ炊く事ができます。

(2)
鍋を火にかけます。
火加減は、ガスレンジの場合、火口が、大、中、小とあると思いますが、一番大きな火口
では大きすぎますので、その次の<中>の火口を使って、火は中よりも少し大きくします。
(その点、オール電化の場合は、メモリが幾つで、何分加熱と決められるので、とても便利
ですね。オール電化(オールメタル対応)の友人宅では、とても快適に使っているそうです。)

(3)

3〜4分で、吹き出して来ます。細かい泡です。
この時、火を小さくします。
◎ 炊飯の場合は、この様に、蓋が鍋の縁より小さく、鍋の中に入り込むものを使って下さい。
鍋の中に蓋があるので、おねばが鍋の外へ吹き出さない為、レンジが汚れません。



(4)

最初細かかった泡が、どんどん大きくなってきます。
この泡が無くなったら、火を止めます。この間、10分程です。
(お焦げが好きな人は、もう少し長く置きます。チタン鍋のきつね色のお焦げは、抜群の
美味しさです。)


(5)

そのまま、10分蒸らします。
(柔らかいご飯が好きな人は、蒸らし時間をもう少し長くすれば良いようです。)
これで、ピカピカご飯の出来上がりです。
蒸らし時間も入れて、全部で25分程です。


(6)

素晴しい炊き上がりです。お米が立っています。


(7)

ご飯を混ぜたところです。香りとツヤが、抜群です。


(8)

こんなに美味しいご飯があったのかと思う程、美味しいです。何故か懐かしい味です。


(9)



黒米ご飯、豆ご飯、お赤飯、炊き込みご飯、栗ご飯、どんなご飯でもチタン鍋で炊く
と最高です。
又、チタン鍋でお粥を炊くと絶品です。

※ 私は普段は、チタン鍋の小型でご飯を炊いておりますので、このページの写真は、
たまたま全部小型の写真となっておりますが、中型でも、よく炊きます。
小型なら、2合ぐらいまで、中型ならば、1合から3合ぐらいまでのお米を炊くことが
出来ます。

◎チタン鍋のご飯が残ったら、そのまま、おひつとして使って下さい。
チタン鍋は、何故か、さらりとして汗をかかないので、ごはんが美味しく長持ちします。
夏場以外は、冷蔵庫に入れる必要はありません。




チタン鍋で,ご飯を炊くと言う画期的なことを、初めてやった人は、私がショップを
開店した早々に、チタン鍋をお買い上げ頂いたチタン大好き人間Mさんです。
(彼女は、ガラスの蓋でなく、ステンレスの蓋を使ってご飯を炊いています。)
私の店長日記に、Mさんのことを書いております。
2008.6.6 女コロンブスMさん
カテゴリー「Mさんのこと、そして彼女のチタン鍋料理等」

当初、私は、たびたびのMさんの勧めを、「だって炊飯器はボタン一つで便利なもの
ですから…」などと答えて、6カ月間試そうともせず、のらりくらりとしていましたが、
ようやくチタン鍋のご飯を試して見てその美味しさと、手軽さに、びっくり!

チタン鍋のご飯を知ってからは、私もこれでなければならなくなり、転居祝いに貰った
ばかりの新品同様だった炊飯器を、人に上げてしまいました。







 ↑ 
  「チタン鍋について」使い方、料理法などを一覧表に纏めました。ご参照下さい。





◎ 割引販売中ですので、ぜひご覧下さいませ。



使いやすく、身体に優しいチタン鍋=「チタンゴールドパン」を、引き続き「割引販売中」です。



「チタンゴールドパン」の持ち手のないものです。
お料理に、アウトドアに、洗面器に、あらゆることに使える「チタンゴールドボール」を
引き続き「割引販売中」です。



↑ 
店長日記ブログ「ミラクルチタン」にチタン鍋料理を600〜700件
載せておりますので、ご参照下さいませ。




「チタンオンラインショップ」
(開店満7年、商品数1400点をご用意しております。)