チタンゴールドパンは、チタンのフライパンです。 省エネ(弱火調理)でご家庭でプロ並みの美味しい料理を調理できます。深めなので鍋として使えて、炊飯にも最適なチタン鍋です。
ホーム13、マーマレード作り


【 日向夏でマーマレードを作り】

日向夏は、白いわたのところが全然苦くないので、厚めに皮を剥いて白いところも一緒に薄くスライスして(チタン鍋かチタンボールに入れてゆく)、 それをチタン鍋でさっと茹で、チタン鍋に戻して、少しの水を入れて煮ました。
しばらくして、砂糖(皮の3分の1ぐらい?)を2回ぐらいに分けて入れました。
日向夏の皮と白いわたには、酸味が少ないので、砂糖は少なくても充分です。

綺麗な透明になったら、レモン汁を少し入れて火を止めました。レモンは少しとろみを付ける為に入れましたが, 日向夏の果肉を使えばレモンは要らないかも知れません。

私のやり方は適当で、とにかく砂糖を入れて煮ればマーマレードになるのでしょ!見たいな感じです。
アバウトで済みません。
   
 
(1)たった1個分の日向夏の皮で作りました。
(少量の為、水分が少ないので、水を少し入れました。)

(2)綺麗な透明になったら、レモン汁を少し入れて火を止めます。 蓋をしてチタン鍋のまま一晩置きます。



(3)これが、1個の日向夏から作ったマーマレードです。
毎朝、トーストに載せて食べました。その美味しいこと!香りの良いこと!それは、まさに感動ものでした。

※今回私は、皮だけを使いましたが、後で調べて見ると、
6個の日向夏でマーマレードを作る時、その半分の3個分の果肉を使うと良いと書いてありました。



その後、日向夏のマーマレードが2〜3の老舗から発売されているのを宣伝で見ましたが、さすがこの美味しさを見逃さないな、 これは確かに優れものだからと思いました。





翌年も日向夏をご近所から分けて頂きました。 前年のマーマレードが余りにも美味しかったので、叉作らなくちゃ!とは思っていましたが、めんどくさがり屋の私のこと、 ついつい日が経って日向夏は冷蔵庫の中でシワシワになってしまいました。
しかたなくそれをマーマレードにしましたが、皮が硬くなっているのでトロトロにはなりませんでした。でも、味はとても美味で毎日感動でした。 小さな日向夏たった3個分の皮で、こんなに沢山マーマレードが出来ることに驚きました。

オレンジや、グレープフルーツ、甘夏などを使って、マーマレードを作りたいと思います。

どれで作っても、美味しいと思います。

なお、皮の農薬を落とすには、皮を塩で洗うのが一番良いとジャム作りの得意な方に教えて頂きました。







 ↑ 
「チタン鍋について」使い方、料理法などを一覧表に纏めました。ご参照下さい。





◎ 割引販売中ですので、ぜひご覧下さいませ。



使いやすく、身体に優しいチタン鍋=「チタンゴールドパン」を、引き続き「割引販売中」です。



「チタンゴールドパン」の持ち手のないものです。
お料理に、アウトドアに、洗面器に、あらゆることに使える「チタンゴールドボール」を
引き続き「割引販売中」です。



↑ 
店長日記ブログ「ミラクルチタン」にチタン鍋料理を600〜700件
載せておりますので、ご参照下さいませ。




「チタンオンラインショップ」
(開店満7年、商品数1400点をご用意しております。)