兵庫県西宮市、
3層チタン鍋ティアラは、チタンのフライパンです。火加減について、お料理に驚きの素晴らしさ、軽くて美味しい鍋、チタンの間にアルミを挟んだ「3層チタン鍋 ティアラ」は、チタンオンラインショップ







リンク集



お客様の声









2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

土日祭日は、定休日とさせて頂きます。



ホームチタン鍋の火加減について

チタン鍋の使い方=火加減について【イラスト説明】

チタンゴールドパンの初心者の方用に、チタン鍋の使い方のポイントを
イラストに描いてみました。下を、ご覧下さい。




(1)チタン鍋使用方法の良い例です。



チタン鍋の底に、炎の先が当ることが大切です。
大きな火は不要ですし、焦げてしまいます。

ガスの火口は、日本の家庭用ガスの場合、8cm程度です。
それに対して、チタン鍋(中)の底は、その倍の16cmあります。
火は炎の先が熱いので、それが、チタン鍋の底に当るのが最適です。

昔から、「料理は火加減」と言われていて、これは、どんな鍋でも同様ですが、
チタン鍋の場合は、特に火加減を守って下さい。



(2)チタン鍋使用方法の悪い例です。



どんな鍋でも火加減が肝心で、鍋底の外に火が廻ることは良くありませんが、
特に、土鍋なら割れますし、チタン鍋の場合は焦げます。
火加減のコツだけは、守って下さい。

一度使って良さを知ったら、手放せなくなるチタン鍋:チタンゴールドパンを、
ぜひご愛用下さいませ。






<チタン鍋の使い方について>



チタン鍋の使い方、料理法などを纏めました。
ご参照下さいませ。





<3層チタンなべ「ティアラ」>

今迄のチタンゴールドパンに代わり

3層チタン鍋 ティアラ が新発売となりました。




チタンの間にアルミを挟んだものです。
アルミは熱伝導が良く軽いので、それを間に挟むことにより両方の長所を生かしております。
アルミを挟むことによって、熱の当りが均等になりました。






「チタンゴールドパン」の持ち手のないものです。
お料理に、アウトドアに、洗面器に、あらゆることに使える「チタンゴールドボール」を
引き続き「割引販売中」です。



↑ 
店長日記ブログ「ミラクルチタン」にチタン鍋料理を600〜700件
載せておりますので、ご参照下さいませ。




「チタンオンラインショップ」
(開店満11年、商品数1400点をご用意しております。)