兵庫県西宮市、
「三層チタン鍋ティアラ」は、チタンのフライパンです。 省エネ(弱火調理)でご家庭でプロ並みの美味しい料理を調理できます。深めなので鍋として使えて、炊飯にも最適なチタン鍋です。







リンク集



お客様の声









ホーム<チタン鍋で作る美味しい料理 > 004. 鮎の塩焼き(動画付き)

<004. 鮎を焼く(動画付き)>

チタン鍋で鮎を焼きました。



【 チタン鍋で鮎を焼く(その1)】

まず、チタン鍋に、大きめのホイルを敷きます。
(何故なら、出て来る脂で具合良く焼けるので、その脂をこぼさない為です。)
そこへ、鮎を2尾乗せました。
そこで火をつけます。一番小さな火で焼きます。(チタン鍋は、必ず弱火!)


※ ここで、大失敗がありました。鮎に塩をするのを忘れました。

魚を焼くときは、最初に粗塩を振ってから焼きましょう。






【 チタン鍋で鮎を焼く(その2)】

とても良い香りが漂ってきました。
鮎は、脂が沢山出るのですね。
この様に脂が多い魚は、この方法では大変焼き易いです。
この脂で、こんがりと焼くことが出来るのです。






【 チタン鍋で鮎を焼く(その3)】

裏返しました。
益々なんとも言えない美味しそうな香りがしています。
(懐かしい幼い頃を思い出させる香りです。私は元々、魚嫌いでは無かったんだと感じました。)









その日の夕食です。
香り良くこんがりと焼けた鮎の美味しかったこと!
但し、上でお知らせしました様に、最初に塩をするのを忘れました。(大失敗!)
それで、醤油を少し掛けて食べましたが、それでも美味しかったです。
なお、「たで酢」が無い時は、「柚子胡椒を酢で割ったもの」で食べると
とても美味しいです。








<チタン鍋の使い方について>



チタン鍋の使い方、料理法などを纏めました。
ご参照下さいませ。





<3層チタンなべ「ティアラ」>

今迄のチタンゴールドパンに代わり

3層チタン鍋 ティアラ が新発売となりました。




チタンの間にアルミを挟んだものです。
アルミは熱伝導が良く軽いので、それを間に挟むことにより両方の長所を生かしております。
アルミを挟むことによって、熱の当りが均等になりました。




<◎ 朗報です。再販となりました!>



廃番になっておりました「チタンゴールドボール」が、皆様の強いご要望により、再販となりました。
お料理に、アウトドアに、洗面器に、あらゆることに使える「チタンゴールドボール」をどうぞ!

◯この商品は、当店の専売品で、他ではお求めになれません。




↑ 
店長日記ブログ「ミラクルチタン」にチタン鍋料理を600〜700件
載せておりますので、ご参照下さいませ。




「チタンオンラインショップ」
(開店満11年、商品数1400点をご用意しております。)